SolaをShare する 「空 × 農業 × エネルギー」
  • HOME
  • 資金調達方法

資金調達方法

2016.03.11
資金調達方法

太陽光発電システムは規模により大きく2つに分類されます。
・低圧(~50kW未満)
・高圧(50kW以上2000kW未満)
低圧規模の太陽光発電システムは事業規模としては~2500万円が目安であり、産業用太陽光発電システムの中でも個人で持たれる方も多いです。
ソーラーシェアリングは、低圧規模のものを保有されるケースが多いです。
総事業費を決める要素は下記のようなものがあります。

・事業者自身の状況(自己資本)
・事業の実施スキーム
・固定価格買取制度の単価
・金融機関毎の取り組み
・事業規模

ソーラーシェアリングにおける資金調達は、農業とエネルギー事業の二つの事業分野があるため産業用の太陽光発電所に比べ、金融機関に事業計画書を提出してもなかなか理解が得られないことが多いです。金融業界的に農業関連の事業融資はJAが強く、エネルギー関連の事業融資は地方銀行などが強いという情勢があり全国でもまだまだ実績の少ないという点と双方の知見を持ち事業判断及び説明をするのが難しいというのが現状となっています。

まだまだ、ソーラーシェアリングという事業は始まったばかりで事例は日々増加している最中です。最近では、地方銀行がABL方式を利用して融資を実施したりと今後の展開が非常に期待されます。





このページの一番上へ