無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net

【ニュース】高校生がラベルをデザイン「まつだ おひるねみかんジュース」発売

最終更新: 2019年11月11日


耕作放棄地で無農薬みかん栽培

営農型太陽光(ソーラーシェアリング)や木質バイオマスによる「自然エネルギー100%の電気」を販売する、合同会社F&Eあしがら金太郎電力(本社/松田町寄)は、2019年2月から「まつだ おひるねみかんジュース」の販売を開始しました。

神奈川県足柄地域の松田町は、今年で町制施行110周年を迎えます。本商品はこの記念事業の一環で開発されたもので、ほかにも「おひるねみかんゼリー」を2月中旬から販売しています。商品は、 新松田駅前の「まちの駅あしがら」や松田山ハーブガーデン、小田原市の梅の里センターなどで販売しているそうです。また、 ふるさと納税の返礼品にもなっています。

担い手不足などで耕作放棄地になろうとしていた松田山の約6000平方メートルのみかん畑を、町内寄に本社がある合同会社F&Eあしがら金太郎電力(小山田大和代表社員)がプロデュースし保全再生を行い商品化させたもの。同社が販売元にもなっている。「おひるねみかん」の商品名は、遊休農地のイメージを「おひるねしていたみかん畑」と捉えて付けられた。 タウンニュース足柄版「松田町 耕作放棄地のみかんを商品化」

とあるように、本商品は耕作放棄地に対する取組から始まっています。

ジュースのラベルデザインを高校生が担当したり、地域の住民を巻き込んでイベントを開催(おひるねみかんプロジェクトFBページに飛びます)するなど、「市民型」のビジネスで地域課題の解決に取り組んでいます。


同社の代表 小山田大和さんは、合同会社小田原かなごてファームの代表でもあり、過去には「小田原みかんビール」を(株)UMEMARU Inc.(守屋佑一代表)と共同で商品企画・発表をしています。


もうすぐお花見シーズンですが、地域貢献型のみかんジュースやビールを片手に楽しんでみるのも良いかも知れません。


出典・参考

タウンニュース小田原版「あしがら金太郎電力『みかんも電気も売ります』」タウンニュース足柄版「松田町 耕作放棄地のみかんを商品化」タウンニュース小田原版「『小田原みかんビール』披露」


#小田原 #松田町 #神奈川 #神奈川県 #おひるねみかん #ソーラーシェアリング #市民参加型 #営農型太陽光発電 #遊休農地 #あしがら金太郎電力 #耕作放棄地 #足柄 #次世代農業 #かなごてファーム

6回の閲覧