ソーラーシェアリングの基本設計

最終更新: 2019年12月3日

ソーラーシェアリングでは、発電設備の下部にある農地で農作物を収穫量や品質を劣化させずに栽培すること、また設備が簡易に撤去できることが求められます。 そのため、農作業が出来るように架台を高くしたり、太陽光パネルの設置間隔を広く取ったりする一方で、あまり重厚な設計には出来ないことと折り合いをつける必要があります。 既に設置されているソーラーシェアリング設備では、農地の上に屋根をかけるようなイメージで、高さ2~3.5mの架台上に70~100W程度の出力の太陽光パネルを取り付ける形態が多く見られます。 また、農作物に対する日射量を確保するために太陽光パネルを取り付ける部分を可動式にする事例も見られるようになり、営農と太陽光発電を両立させるための様々な工夫が続けられています。

0回の閲覧
無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net