ソーラーシェアリングの基礎構造

更新日:2019年12月3日

ソーラーシェアリングの場合、設備を「簡易に撤去できること」という条件が付されているため、野立ての太陽光発電所ほど頑丈な基礎を作ることは出来ません。 コンクリートの布基礎のようなものは不可とされ、初期は単管を1.5m程度打ち込んだだけのものがよく見られましたが、地面に打ち込んだ架台にコンクリートを根巻きするような工法は認められています。 その他、スクリュー杭基礎も従来は不可とされてきましたが、撤去の方法も明示することで認められる事例も出てきています。

9回の閲覧