ソーラーシェアリングの架台

更新日:2019年12月3日

架台に使用する部材は単管パイプが主流ですが、鋼材を使用した頑強なものも増えてきています。 単管パイプを使用する場合でも、接合部にクランプを使用したり、パイプジョイントを使用したりと色々な部材が試されています。 施工性を考慮する上では、太陽光パネルを架台にどうやって取り付けるかが大きな課題となっており、この部分の手間を如何に減らせるかで工事期間が大きく変わってきます。 また、太陽光パネルを取り付ける梁を可動式にすることで、発電量の増加、下部農地への日射量調整、台風や積雪対策を図るような技術開発も進んでいます。

7回の閲覧