神奈川県内初の水田発電 小田原市桑原

最終更新: 2019年12月10日

秋の収穫が楽しみ!地域の人々集まり田植え

今年3月、神奈川県小田原市で県内初となる水田発電が誕生した。6月には田植え作業が行われ、設備を設置した合同会社小田原かなごてファームは、秋の収穫に向けて準備中だ。井上酒造(大井町)での日本酒製造も予定しているという。

ソーラーシェアリングは農業と太陽光発電を同時に行うもの。太陽光発電パネルの下で稲作を行うのは神奈川県で初の試み。発電規模は58・24kWで、米の発育に影響がないように設計されている。約1200平方メートルの水田には子どもから大人まで約50人が集まり、2時間かけてキヌヒカリの苗を植えていった。 ソーラーシェアリングを設置したのは耕作放棄地解消と再生可能エネルギー推進に取り組む合同会社小田原かなごてファーム。すでに曽我岸の施設ではサツマイモ栽培を成功。業務執行役員の小山田大和さん(38)は「稲作が成功すればソーラーシェアリングの可能性が広がります。全力で頑張りますので見守っていただけたら」と話している。秋には約600kgの米の収穫を見込んでおり、井上酒造(大井町)で日本酒を造る予定。

ソーラーシェアリングによって農業規模が拡大されれば、6次産業化の動きも活発になることが予想される。「ソーラーシェアリングでつくられた日本酒」が、地域の活性化に貢献することを期待したい。

#水田 #農業 #水稲 #神奈川県 #ソーラーシェアリング #営農型太陽光発電 #稲作 #再生可能エネルギー

0回の閲覧
無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net