自然エネルギーと農業の関係

ソーラーシェアリングは、自然エネルギーと農業の新しい関係です。

農地を利用して作物を育てるためには多くのエネルギーを消費しますが、耕作機械や暖房、ポンプなど色々な装置を動かすために膨大な化石燃料を消費しています。

一方で、ソーラーシェアリングによる太陽光発電で創り出されるエネルギーを利用すれば、農業に必要なエネルギーの一部でも自給することが可能になります。

ソーラーシェアリングに限らず、農業用水路を利用した水力発電や木質・畜産など様々なバイオマスエネルギー利用が、自然資源の活用として農業と密接に関わっています。

0回の閲覧