【2/6(木)イベント】 地域に活かすPVシンポジウム

~太陽光発電が切り開く『新しい地域の時代』~

2月6日、 シダックスカルチャーホール (渋谷区)にて、「地域に活かすPVシンポジウム」

~太陽光発電が切り開く『新しい地域の時代』~が開催されます。


主催は一般社団法人日本PVプランナー協会、一般社団法人新エネルギーO&M協議会、新エネルギー革命会。


再エネが主力電源となる時代の国や地域のあり方、再エネ発電事業が、地域に根ざし地域と共生するモデル、エネルギーの地産地消、発電事業者や太陽光業界関係者が果たすべき役割など、地域に活かす再エネについて、様々な講演が予定されています。


当サイト運営会社の千葉エコ・エネルギー代表・馬上も登壇し、「ソーラーシェアリングと工場による自家消費事例」についてお話させていただきます。


ぜひこの機会にご参加ください。


イベント詳細やお申し込みは、下記ページよりご確認ください。 http://pv-planner.jp/news/13213.html(外部サイト)


イベント概要

「地域に活かすPVシンポジウム」

~太陽光発電が切り開く『新しい地域の時代』~


【主催】・(一社)日本PVプランナー協会

    ・(一社)新エネルギーO&M協議会

    ・新エネルギー革命会


【日時】2020年2月6日(木)10:30-17:30

【会場】シダックスカルチャーホール 東京都渋谷区神南1-12-10 8F

【プログラム】

開会10:30 開会~挨拶

1部10:40 環境省(課長補佐)~地域循共生圏の普及を図る意図・特徴を解説

2部11:30 経産省(制度担当者)~脱FITを導く制度の抜本見直しを解説

休憩12:15 昼食

3部13:10 浜松市~自治体と企業が連携し強力に推進する浜松版スマートシティとは

4部14:00 エネファント(だじみ電力)

~EVレンタル&太陽光カーポート&新電力によって若者の地元離れを防ぐ

休憩14:45 休憩

5部15:00 千葉エコ・エネルギー~業界初!? ソーラーシェアリングと工場による自家消費事例報告

ミニ15:35 災害時に活躍する太陽光発電(案)

ミニ15:55 自家消費型太陽光発電の提案・シミュレーション事例(案)

6部16:20 パネルディスカッション~地域循環共生圏を実現するための官民協力に必要なこと

閉会17:30


【会費】

協会員・賛助会員 5,000円

会員紹介者    8,000円

EMA認定者    8,000円

一般参加者    10,000円


【締め切り】 2020年1月31日(金)


【お申し込み】下記ページよりご確認ください。

http://pv-planner.jp/news/13213.html (外部サイト)

0回の閲覧
無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net