SolaをShare する 「空 × 農業 × エネルギー」
  • HOME
  • 【導入事例】梨のソーラーシェアリング―木更津市

【導入事例】梨のソーラーシェアリング―木更津市

2019.04.09
【導入事例】梨のソーラーシェアリング―木更津市

写真提供:千葉エコ・エネルギー

千葉県木更津市で梨のソーラーシェアリング完工

千葉県木更津市に、新たに梨のソーラーシェアリングが完工しました。設備保有者兼営農者であるSさんに、お話を伺いました。

ソーラーシェアリングを始めたきっかけや理由は?

①脱原発を図りたい
②発電の収入によって農業を安定させたい
③地域の特産品である梨の、維持・発展を望んでいるため

ソーラーシェアリングを始めて、周囲の反応は?

発電と農業の両立について質問されます。

完工までの過程で、大変だった点は?

特にないです。

設備のこだわりは?

パネル設置位置が高いことが良いと思います。(地上からパネルまで4m)

ソーラーシェアリングや農業に対する想いについて

自然エネルギーと農業振興の両立ができることが良いと思います。

―Sさん、取材にご協力いただき、誠にありがとうございました。
既に苗木が植えられています。 写真提供:千葉エコ・エネルギー
設備概要
所在地  千葉県木更津市
所有者  Sさん
営農者  同上
発電出力  49.5 kW(AC) 69.12 kWp(DC)
電気の使途  東京電力へ全量売電
パネル  Luxor Solar 社製 120 W × 576 枚
インバーター  SMA社製 9.9 kW× 5 台
架台  日本BSL社製     アルミ製架台
遮光率  約 38.8 %
基礎  スクリュ-杭
地目  畑
施工  ㈱ビル技研
設備下の耕作物  梨(豊水、秋月)
設備直下の農地面積  1,134 ㎡
連系開始  2019 年 1 月 30 日
設置および運営に関する特徴等 梨の栽培を考慮して支柱間を設定。
この日はとても良い天気でした。パネルの下で実った梨を見れる日が、楽しみです。
写真提供:千葉エコ・エネルギー
このページの一番上へ