ソーラーシェアリングと自然災害

農業と同じく、太陽光発電事業も自然災害リスクを常に考慮していかなければなりません。 ソーラーシェアリングの場合に想定すべき自然災害は、台風・地震・竜巻・暴風・豪雨・積雪・洪水・火山噴火などです。 強い風によってパネルが吹き飛ばされたり、大雪によってパネルや架台が破損したり、地震によって設備が倒壊したり、洪水で農地ごと浸水したり、火山噴火で噴石や火山灰が降ってきたりといった多くの自然災害リスクがあります。 事前にリスク調査を行って想定される自然災害を洗い出し、架台などの設計で対応できる部分は織り込んでおき、火災保険等によるリスク回避も講じておく必要があります。

#ソーラーシェアリング

6回の閲覧
無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net