無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net

一石二鳥のソーラーシェアリング/千葉商科大学名誉教授 三橋規宏:企業家倶楽部2017年8月号 緑の地平 vol.37

最終更新: 2019年12月10日

 千葉商科大学名誉教授で経済・環境ジャーナリストとして著名な三橋規宏氏がソーラーシェアリングについて解説した記事が投稿された。

 農業再生の切り札として期待 農業再生の切り札として「ソーラーシェアリング」が注目されている。ソーラーシェアリングとは、太陽光(ソーラー)を発電と農業の両方で分け合う(シェアする)新しい営農システムのことだ。
身の丈にあった技術の開発が急務 日本生まれの草の根技術、ソーラーシェアリングの普及・発展を期待したい。

最初の実証試験で米作りをしたが、農業用機械などの経費や労力の割には収益が上がらなかったという。同社は「営農型発電でも主役は農業」との考え方。米に代わり、太陽光パネルの下でも効率的に栽培ができ、収益性の高いブルーベリーを選び、昨年11月から栽培を試みている。 4月3日、千葉県匝瑳(そうさ)市で「メガソーラーシェアリング」プロジェクトのオープンセレモニーが行われた。現在日本各地でソーラーシェアリング実施への試みがされているが、三橋規宏氏の今回の評価はその普及活動を加速する期待がある。


情報源:一石二鳥のソーラーシェアリング/千葉商科大学名誉教授 三橋規宏

#ソーラーシェアリング #営農型太陽光発電 #農業再生 #千葉商科大学 #千葉県

0回の閲覧