太陽光買取価格24円に

22日経済産業省から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の2016年度の価格案が発表されました。

産業用の出力10キロワット以上の太陽光発電はは1キロワット時当たりの価格を昨年度の27円からで3円下げ24円と発表されました。 また、家庭向けが多い10キロワット未満の太陽光発電設備では昨年度から2円下げ31~33円となりました。

制度が始まった当初は税抜き40円と現在の単価の倍近い水準で買取単価でした。しかし、通常の国内の産業用太陽光発電設備とは違い大規模造成などが必要ないソーラーシェアリングではまだまだ事業の実現可能性はあります。特に農業とエネルギーを同時に事業として行っているため、元々農業の副収入のような意味合いが強いソーラーシェアリングは産業用太陽光発電設備が下火になる中でも広がっていくことでしょう。

ご興味をお持ちの方がいればこちらよりお問い合わせください。 全国各地より、許認可取得のお手伝い、施工業者・機器の選定、事業計画、ネットワークづくりなど様々なお問合せをいただいております。

お問合せ

0回の閲覧
無料のFACEBOOK風アイコン素材 その2 (2).png

​プライバシーポリシー

© 2019 千葉エコ・エネルギー

運営会社
千葉エコ・エネルギー株式会社
〒263-0022
千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F

TEL:043-301-6998 FAX:043-301-6122

mail:contact@chiba-eco.net